【北陸旅行のお土産は、辻口博啓パティシエの菓子 YUKIZURIと能登バウム】

石川グルメ

この年末年始は大雪でしたね、そんなときは北陸の温泉旅行に限ります!
和倉温泉街は、昨年とは違い観光客でいっぱいで各旅館も繁盛していましたよ!

そんなわけで、北陸旅行、和倉温泉のお土産の定番と言えば、和倉温泉にファクトリーがある
辻口博啓パティシエのお店のお菓子が鉄板です!笑

石川県能登和倉温泉での代表的な辻口博啓パティシエの菓子のお土産
YUKIZURI
能登バウム

辻口博啓パティシエとは!

1967年、石川県七尾市の和菓子屋「紅屋(べにや)」の長男として生まれる。元々は実家を継ぐつもり「全国洋菓子技術コンクール」史上最年少の23歳で優勝、「コンクール・シャルル・プルースト」銀賞受賞、「クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」あめ細工部門で優勝、「C.C.C.」ショコラ品評会で最高位「ゴールドタブレット(金賞)」を受賞ほか。公式HP

YUKIZURI とは

石川県を代表する「兼六園の雪吊り」。辻口パティシエが、この雪吊りをイメージし前田家の梅鉢紋から地元の食材をふんだんに使い、フランス伝統菓子のサクリスタンをヒントに焼き上げました。

コーヒー、紅茶によく合います

能登バウム とは

石川県の恵まれた食材を使って作られた体に優しいバウムクーヘンです。私が今回購入したのは、スライス能登金時バウムです

賞味期限の違い

同日に購入した商品ですが、賞味期限が違いました。バウムのほうが短いです。なのでお土産を渡す人に会う日取りなどを考えて選びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました