ユーザー車検を自分で行く!高コスパ!なにわ陸運局 南港カーテスターからよ! 合計費用 39,210円

日常あれこれ

ネットによくある格安車検で行こうかなと思ったけど、ハイブリッド車は意味不明に3000円別料金とか言うのでアホらしくなって、やっぱり自分で行きましたw

車検の費用が安いお店、クレジットカードが使えるお店、近くて夜までやっているお店
など、各種条件で車検のお店を検索&予約ができます【楽天車検】

ユーザー車検の費用は、やっぱり最強!

朝の営業前の南港カーテスターで並んで待つ!

本当に、日本の車検制度がないと、車関係の整備会社が潤わないのは、わかりますけども、実際は、車検に乗じて、検査項目ではない、ATFや、各種エレメント、ワイバーゴムに、バッテリーと交換を進められて気の弱い人なら出費がかさんでしまいます もちろん、その出費はすべて車屋さんの利益となるわけです なので、令和に今、本当にユーザー車検が浸透しています!陸運局へ行っても親切丁寧ですよ!

はっきり、言って 簡単です!

日本の車検というと、難しい検査とかがあるので、素人はできない、プロに任せないと!そんな潜在意識が知らぬまに、日本人全体にしみこんでいますよね 百聞は一見にしかず!ぜひ、ご自身でどうぞ!ネットやyoutubeにやり方、経験談いっぱいあります!

南港カーテスターを出発
車検の費用が安いお店、クレジットカードが使えるお店、近くて夜までやっているお店
など、各種条件で車検のお店を検索&予約ができます【楽天車検】

ユーザー車検に必要なこと

ユーザー車検に必要なのは、まず、お金です!!そりゃそうですよね

  1. 現金
  2. 車検証はじめ各種書類(ググってください)
  3. 整備←これは、自分でできないことが多いので事前にディーラーなどで点検整備だけもあり
  4. 平日の時間(土日休みの人は、平日に時間作らないといけません)
  5. カーテスター屋さん(自分で整備できたとしても、光軸、サイドリスップはテスター必要です)
  6. 節約するために自分で動くという気構え!
ドラレコ映像より 検査項目に適合すると 〇 表示が出る

当日の流れ

もうネットで各陸運局のHPで予約はとったものとし、書類も事前に記入済として記します

  1. 書類一式と現金をもって陸運局へ向かう!
  2. なにわ陸運局の場合は、近くの南港カーテスターへよって、光軸、サイドスリップを整える
  3. 陸運局へ入る、まず売店へ行く
  4. 自賠責保険を申し込む
  5. 検査費用2,200円 重量税15,000円(ハイブリッド車だった為)の印紙を買って貼る
  6. 建物を移動して、ユーザー車検受付窓口へ書類一式と予約番号を伝え、受付をしてもらう
  7. 車に乗って、検査レーンへ行く、初心者用コースが必ず各陸運局にある
  8. レーンに入る、検査員の方が、ユーザー車検を本人で受けに来てるというと、親切丁寧に教えてくれる
  9. すべての検査に合格したら、最終出口の検査員に書類一式を出して、適合 のハンコをもらう
  10. 建物の検査証発行窓口へ、書類一式を渡し、新しい車検証とステッカーをもらう
  11. 颯爽と陸運局をあとにして、帰る!!    以上
ドラレコより これより下回り検査場所へ入る
ドラレコより 最後の場所で、 適合 のハンコをもらってレーンより出る これで終了

今回のトヨタハイブリッド車の場合の合計費用は

南港カーテスター代 2000円

南港カーテスター代 2,000円

重量税 15,000円

自賠責保険 20,010円

検査費用 2,200円

合計 39,210円

帰路にマクドによったので、マクド代 260円 笑

自分の車の整備の必要性、時期などを判断できる方には、ユーザー車検が一番いいと思います。

どうです?格安車検や、各種の安い車検よりも安いでしょ

整備の押し売りや、バッテリ、各種エレメント、ワイパーなどの押し売りもありません 

時代は、まさにユーザー車検!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました